犠牲者の御霊に平和を誓う時、未来への責任を感じます。
私たちが守るべきは何だろう。
ありきたりの安保論で守れるはずもない。
徹底的に議論することが必要だと思います。