安倍首相が辞める。

病気辞職なので本人としては悔しいだろうが、一つの時代の終わりを象徴している。

トランプ米大統領やジョンソン英首相らと同じ毛色のリーダーたちは、協調より独善、企業や投資家を優先する経済政策で国際関係を流動化させた。

コロナのパンデミックが人類の脅威となり、いまこそ世界が冷戦後の安保課題として力をひとつにすべき時、自国優先の新自由主義的なリーダーほど無策さを露呈した。

安倍政治の終わりをもって、国民優先の社会をつくる新時代の幕開けとしたい。

安倍首相が民意を無視して強行する辺野古埋め立てこそ旧型の冷戦思考で、化石政策で、時代錯誤で、愚かな政治の代表だ。

安倍首相 正式に辞意表明「負託に自信を持って応えられない」 | NHKニュース

【NHK】安倍総理大臣は、記者会見で、持病の潰瘍性大腸炎が再発し、国民の負託に、自信を持って応えられる状態でなくなったとして、総理…